歌姫という名前がふさわしいアーティストとして名前を残す

コロンビアは、非常に多い人口の南米国であり、様々な有名人が居ます。

政治腐敗などによって数多くの悪名高い政治家、活動家なども排出した一方で、芸能人大国としても知られています。

ラテン文化の交錯点であることから、様々な文化が入り乱れ、多種多様な文化であることが関連していると言えます。

著名なミュージシャンに、フアネスがいます。

彼は、世界で1500万枚のアルバム、1000万枚のシングルを売っている国際的なアーティストです。

彼は社会的・人道的な活動も多くしていますが、これは彼が育った時期に麻薬組織と政府の熾烈な争いが間近にあったことなどが関係しています。

15歳で活動を始め、バンドで大ヒットをした後、ソロアーティストとして活躍し、2002年にはアルバムが全米で200万枚売れるなど、人気のラテン・ポップアーティストとして名前を残しています。

また、コロンビアの歌手で有名人といえば、シャキーラがいます。

全米アルバムランキングで10位以内に入る作品を多く生み出しており、まさに歌姫という名前がふさわしいアーティストの一人です。

また、文学においても、コロンビアは著名であり、多くのラテンアメリカ文学が生み出されました。

その中でも、ノーベル賞を受賞したガブリエル・ガルシア=マルケスは特に有名です。

百年の孤独、コレラの時代の愛といった作品が知られており、幻想性とリアリズムの融合を基本としながら、優れた小説を多く生み出しました。

なお、ノーベル賞の受賞理由としては、現実的な物と幻想的な物の融合により、一つの大陸の中の、生と葛藤の実相を反映した、豊かな想像力の世界を構築した事を理由として受賞しています。

また、スポーツ選手にも有名な選手が多く居ます。

2014年のワールドカップで活躍した選手として、ハメス・ロドリゲスがいます。

彼は現在レアル・マドリードで活躍する選手で、ワールドカップの得点王を受賞したことでも知られています。

また、ファルカオも有名選手であり、モナコやマンチェスター・ユナイテッドなどの強豪チームを数多く渡り歩いています。

また、彼ら以外に知られた選手としては、1990年代の名選手としてイギータやバルデラマがいます。

また、F1選手のファン・パブロ・モントーヤも非常に有名で、三大レースであるインディ500とモナコGPを制している事でも知られています。

政治家やカルテルなどでは、負の面が強いコロンビアですが、文化やスポーツなどには数多くの有名人がいるといえるでしょう。